私と息子とアトピー

UNITYを立ち上げようと思ったきっかけの一つ、息子にアトピー症状が出たことがあります。

今回のブログタイトルが「その1」となっていますが、息子のアトピーについて書こうとお思うと、色々な出会いや話や使っている物や食べ物・・・など広範囲になっていく。
長文になって書ききれないので、何回かに分けて書いていこうかと思いました。

興味のある部分だけ読んでいただいてもかまいませんので、お付き合いください。

さて、「私と息子とアトピー その1」では、どのような経過をたどってアトピーが出てきたのか、
また悪化してきたのかを書いていこうと思います。

アトピー悪化のきっかけ その1

生後3か月目くらいだったか・・・乳児湿疹かなと思われるような湿疹が顔にできました。
でもその頃は特に気にもせず大丈夫だろうと思ったので様子を見ていました。
しかし、0歳10か月の時に激しい蕁麻疹が出たのをきっかけに一気に悪化したのでした。

0歳10か月で保育園に入園し、毎月のように病気になりました。


RSウィルス、胃腸炎、風邪、中耳炎→抗生剤を処方

新しくできた耳鼻科の方がすいてるし~と軽い気持ちで行った耳鼻科
何度か診察に行きましたが
「まだ治ってませんね~続けて抗生剤出しますから、このまましばらくお薬を飲ませてくださいね。」

ん?・・・抗生剤って短期間飲むののじゃないか?

こんな小さな子供に5日以上も抗生剤って大丈夫?

いやいや~また熱が出たら大変だし、医者が飲ませてというから飲ませるか・・・

こんな具合で無知な母は5日以上も抗生剤を飲ませてしまったのでした。
結果・・・全身に見たこともないような蕁麻疹が出てしまい、それは1週間以上も続くのでした。

そして蕁麻疹が収まってくるのと同時にカサカサ、カユカユ、赤い湿疹・・・

アトピー症状らしきものが一気に悪化していったのでした(泣)

これが蕁麻疹からのアトピー悪化写真


アトピー悪化のきっかけ その2

長くなったので、この続きは次回に。。。

次回は更に悪化させたと思われる「ワクチン接種」などについて書いて行こうと思います。

もっと勉強するべきだった。。。でも、勉強するきっかけを与えてくれた息子、ありがとう。LOVE!